射手座と裸のラリーズ

たまには
告知ではない日記を。

喫茶GABORは、2013年4月にオープンしましたが
この場所は元々、立体ギャラリー射手座として古くから知られた場所でした。
b0299643_19012939.jpg

射手座は、1969年4月に開廊して
2011年5月に閉廊しました。

僕も射手座時代にこの場所には
数回足を運んでいました。

半年ほど前に
仕事で京都に来られたという方がガボールにいらして
「ここは、射手座があった場所ですよね?」という質問を受け
少しお話させてもらいました。

その方は、この場所に来るのは初めてで
ずっと来たかった場所だと仰っていました。
その理由が、射手座のこけら落とし公演の1つ
「裸のラリーズ」のライブ音源を持っていて、擦り切れるほど聴いていたとのことでした。
b0299643_19070184.jpg
射手座オープニングの貴重なチラシ!ネットから拾ってきました。

裸のラリーズは、伝説的ロックバンドとして名前は知っていましたが
ちゃんと聴いた事がなかったのですが
遂に先日、すぐ近くのブック◯フで、
レジの横のこれから棚に出します的な場所に置いてあったのを
見つけてしまい、
ここであったが百年目と、ほとんど何も見ずに買ったら
なんと去年亡くなった山口冨士夫さんが参加している時期の音源。

ちょっと得した気分なのです。
しかもタイムリーな話で
ガボールの近所の
元・立誠小学校の中にある立誠シネマで、
「山口冨士夫/皆殺しのバラード」という映画が先週までかかっていました。
b0299643_20064684.png
話がどんどん逸れていくのでこの辺で終わり。
インターネット上で射手座の情報を調べていたら

射手座の初期2年間の展示一覧が出て来た。
先述のフライヤーといい、貴重な情報がこうやって残っていて
今も閲覧出来るのが、とてもありがたい。
なんだか不思議な機会でこの場所の45年前の回想ができて
機会をくださったあのお客さんに感謝。
また来てくれたら嬉しいなー

[PR]
by Le_gabor | 2014-08-31 20:24 | 日記